産経ニュース

安倍晋三首相、ASEAN首脳に対北圧力訴え

ニュース 政治

記事詳細

更新


安倍晋三首相、ASEAN首脳に対北圧力訴え

日ASEAN首脳会議を前に、記念撮影に臨む安倍首相(左から5人目)ら=13日、マニラ(代表撮影・共同) 日ASEAN首脳会議を前に、記念撮影に臨む安倍首相(左から5人目)ら=13日、マニラ(代表撮影・共同)

 【マニラ=田北真樹子、田中靖人】フィリピンを訪問中の安倍晋三首相は13日、日・東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議に出席したほか、ASEAN各国首脳と2国間会談を行った。ASEAN加盟国10カ国はすべて、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮と外交関係を持っており、圧力強化に向けた協力を呼びかけた。

 安倍首相は日ASEAN首脳会議のほか、メコン川流域5カ国との日メコン首脳会議にも出席。ブルネイ、フィリピン両国の首脳と2国間会談も行った。

 ブルネイのボルキア国王との会談で、首相は北朝鮮による拉致問題解決に協力を求めた上で「国連安全保障理事会の対北制裁決議完全履行を含め、あらゆる手段により圧力を最大限まで高める」よう呼びかけた。ボルキア国王は「拉致問題は国際社会全体の懸念だ。北朝鮮との関係は最小限にとどめている」と応じた。

 首相は12日にアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議出席のため訪問していたベトナム・ダナンからマニラに到着。インドネシアのジョコ大統領、マレーシアのナジブ首相と会談し、対北圧力への同調を要請した。ナジブ氏との会談では中国が一方的な現状変更の試みを続ける南シナ海問題について、緊密に連携する方針も確認した。

 首相は同日、ダナンで台湾のAPEC代表の宋楚瑜氏と会談し「台湾は価値観を共有し緊密な経済関係と人的往来がある重要なパートナーだ」と述べた。

「ニュース」のランキング