産経ニュース

【北朝鮮情勢】有事の際、韓国の邦人の安全、どう確保?自衛隊受け入れ困難?

ニュース 政治

記事詳細

更新

【北朝鮮情勢】
有事の際、韓国の邦人の安全、どう確保?自衛隊受け入れ困難?

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(ロイター) 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(ロイター)

 米国と北朝鮮の軍事衝突が起きた場合、韓国にいる邦人の安全をどう確保するのかは日本政府にとって大きな課題だ。

 自衛隊は邦人退避訓練をしているが、有事の際に韓国が自衛隊を受け入れるのは困難との見方が強い。

 邦人退避は非戦闘員退避活動(NEO)と呼ばれ、韓国内の邦人は約3万8千人。他に旅行者もいて、多くは南北軍事境界線に近いソウルなどに滞在しているとみられる。

 北朝鮮は境界線沿いに大量のロケット砲を配置、有事にはソウルが集中砲火を受け甚大な被害が発生する恐れがある。

 在韓日本大使館などの「緊急事態対処マニュアル」では、退避時の輸送手段は民間航空機などを想定。だが、米が奇襲攻撃し、北が短時間で韓国に報復するケースは、退避が間に合わない可能性がある。

続きを読む

「ニュース」のランキング