産経ニュース

【憲法改正】公明・北側一雄中央幹事会会長「党改憲案提示の予定なし」 9条めぐる自民との協議も否定

ニュース 政治

記事詳細

更新

【憲法改正】
公明・北側一雄中央幹事会会長「党改憲案提示の予定なし」 9条めぐる自民との協議も否定

北側一雄氏(水島啓輔撮影) 北側一雄氏(水島啓輔撮影)

 公明党憲法調査会長を務める北側一雄中央幹事会会長は9日の記者会見で、憲法改正に関し「今、公明党案を提示する予定はない」と明言した。自衛隊を明記する9条改正を含めた党内の改憲議論を再開した自民党と協議することも否定し、改憲への慎重姿勢が鮮明になった。

 憲法調査会の年内開催についても、来年度の予算編成や税制改正などで日程が窮屈なことを理由に「容易ではない」と述べた。党内の意見集約は「(来年の)通常国会の話だ。他党や衆参両院の憲法審査会の議論を踏まえながら議論したい」と語った。

 自民党との協議を否定した理由について「法案は与党で事前審査するが、法案と憲法は違う。(改憲の)発議権を持つのは国会であり、性格が異なる。事前に与党協議をするたぐいではない」と説明した。ただ、自民党から党内議論の状況について報告を聞く機会までは否定しなかった。

 公明党は先の衆院選公約で「大事なことは平和安全法制の適切な運用を積み重ね、国民の理解を得ていくことだ」としるし、暗に憲法9条の改正に慎重な姿勢を示した。

「ニュース」のランキング