産経ニュース

【希望の党共同代表選】分裂含みの一騎打ち、玉木雄一郎氏VS大串博志両氏 安保法制や野党共闘など「小池路線」の是非が焦点に

ニュース 政治

記事詳細

更新

【希望の党共同代表選】
分裂含みの一騎打ち、玉木雄一郎氏VS大串博志両氏 安保法制や野党共闘など「小池路線」の是非が焦点に

希望の党共同代表選挙の共同記者会見で握手する候補者の玉木雄一郎氏(右)と大串博志氏=8日午後、東京・永田町(斎藤良雄撮影) 希望の党共同代表選挙の共同記者会見で握手する候補者の玉木雄一郎氏(右)と大串博志氏=8日午後、東京・永田町(斎藤良雄撮影)

 希望の党の共同代表選が8日告示され、玉木雄一郎(48)、大串博志(52)の両衆院議員が立候補を届け出た。安全保障法制や憲法改正に関する見解に隔たりのある両氏の一騎打ちが確定した。安保法制や憲法改正だけでなく、野党共闘をめぐっても「小池路線」の是非が焦点となる。10日の投開票の結果次第では、将来の党分裂の端緒となる可能性もある。

 玉木氏は8日の共同記者会見で、安保法制について「一部は既存の法律に溶け込む形で法改正されている」と述べ、小池百合子代表(東京都知事)と同様に容認する姿勢を示した。ただ、憲法解釈の変更で集団的自衛権行使を認めたことに関しては「従来の憲法解釈に合致するように条文改正を提案する」と述べた。大串氏は安保法制を容認しない立場を改めて表明し、「現実的な安保政策を取っていく」と明言した。

 憲法9条をめぐっては、玉木氏が9条1、2項を残して自衛隊の存在を明記する安倍晋三首相の提案について「論理的整合性も含め疑問だ」としつつ、自衛権の及ぶ範囲を明確化する改正は「あっていい」と述べた。大串氏は「平和主義を貫く意味で9条が果たす役割をかんがみれば、(改正は)今は必要ない」と強調した。

続きを読む

「ニュース」のランキング