産経ニュース

希望の党共同代表選に玉木雄一郎、大串博志両氏が届け出 安保法制容認などが争点

ニュース 政治

記事詳細

更新


希望の党共同代表選に玉木雄一郎、大串博志両氏が届け出 安保法制容認などが争点

希望の党の共同代表選の出陣式で挨拶する玉木雄一郎氏=8日午前、東京・永田町の衆院第二議員会館(斎藤良雄撮影) 希望の党の共同代表選の出陣式で挨拶する玉木雄一郎氏=8日午前、東京・永田町の衆院第二議員会館(斎藤良雄撮影)

 希望の党の国会議員を束ねる共同代表選が8日、告示され、玉木雄一郎、大串博志の両衆院議員が立候補を届け出た。衆院選で小池百合子代表が容認姿勢を示した安全保障関連法や憲法9条改正議論など「小池路線」の是非が争点となる。投開票は10日。

 玉木氏は安保関連法に賛同の立場で、憲法9条改正に前向きな複数の議員が推している。大串氏は安保関連法を容認しないと明言し、憲法9条の改正も不要との立場を掲げる。立憲民主党や民進党との統一会派結成にも前向きだ。

 共同代表は所属国会議員53人による投票で選出される。8日午後には両候補による共同記者会見、9日にはパネルディスカッションが予定されている。国会議員のみで選出する事情もあり街頭演説は行わない。

 出馬を模索していた泉健太、渡辺周両衆院議員は推薦人集めが難航し、立候補を取りやめた。

このニュースの写真

  • 希望の党共同代表選に玉木雄一郎、大串博志両氏が届け出 安保法制容認などが争点
  • 希望の党共同代表選に玉木雄一郎、大串博志両氏が届け出 安保法制容認などが争点
  • 希望の党共同代表選に玉木雄一郎、大串博志両氏が届け出 安保法制容認などが争点
  • 希望の党共同代表選に玉木雄一郎、大串博志両氏が届け出 安保法制容認などが争点
  • 希望の党共同代表選に玉木雄一郎、大串博志両氏が届け出 安保法制容認などが争点

「ニュース」のランキング