産経ニュース

憲法を衣服に例えると「機能性で使えるが、訳ありの既製品」 ケント・ギルバート氏、改憲の必要性強調 青森で講演

ニュース 政治

記事詳細

更新


憲法を衣服に例えると「機能性で使えるが、訳ありの既製品」 ケント・ギルバート氏、改憲の必要性強調 青森で講演

講演するケント・ギルバート氏 講演するケント・ギルバート氏

 米カリフォルニア州弁護士で、言論活動で幅広く活躍しているケント・ギルバート氏が2日、「憲法改正と日本の自立」と題して青森市の青森国際ホテルで講演した。「日本が自立するために、日本人は目を覚ます時期が来た」と訴え、改憲の必要性を強調した。

 ギルバート氏は憲法の問題点を衣服に例え、「機能性で使えるが、特性がなく誇れるものがない、訳ありの既製品」とユーモアを交えながら指摘し、憲法改正を訴えた。「戦後70年以上たった今も恣意(しい)的な報道を続け、真実とは関係なく自分たちの伝えたい情報だけを流している」などとも述べて、一部マスコミの偏向報道にもクギを刺した。

 さらに、「真の平和を考えなくてもいい、考えてはいけないとさえ思われる時代が長すぎた」と述べ、日本に誇りを持つことの重要性を唱えた。

 講演は神道政治連盟県本部や県神社庁などで組織する「美しい日本の憲法をつくる青森県民の会」(桑原一夫=くにお=代表)が主催、約350人が耳を傾けた。

「ニュース」のランキング