産経ニュース

「日米壊滅」目指す朝鮮大学校の関与団体に使途不明金 補助金支出の小平市が架空領収書の調査を開始

ニュース 政治

記事詳細

更新


「日米壊滅」目指す朝鮮大学校の関与団体に使途不明金 補助金支出の小平市が架空領収書の調査を開始

 東京都小平市が毎年度、約200万円の補助金を拠出する「小平市ごみ減量推進実行委員会」の支出に使途不明金があることが1日、分かった。市が明らかにした。同委が、小平市にある朝鮮大学校内の架空の組織と、存在しない印刷会社にそれぞれ、ポスターのデザイン料と印刷代金を支払ったとする会計報告を市に行っていた。市は補助金が不正に使われた可能性が高いとみて調べている。

 市によると、委員会が平成25-29年度の毎年度、毎年恒例の「こだいら環境フェスティバル」(市・同委主催)のポスターデザイン制作を朝鮮大学校に、ポスターの印刷を武蔵村山市の「福島グラフィック」に発注したとして、計約50万円を支払ったとする会計報告を小平市に行っていた。いずれの支払いも市による補助金が原資になっている。

 ところが、市の1日までの調査では、28、29年度にデザイン制作を請け負った「朝鮮大学校装飾」は校内の組織としては存在していなかった。さらに同委は、「福島グラフィック(株)」が発行者として明記された領収書を25年度から毎年度、受け取っていたのにもかかわらず、記載された領収書の所在地に同社が存在していなかったことも判明した。

続きを読む

「ニュース」のランキング