産経ニュース

【始動 第4次安倍内閣】長期政権で重い責任 憲法改正、皇位安定継承…歴史的使命果たせ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【始動 第4次安倍内閣】
長期政権で重い責任 憲法改正、皇位安定継承…歴史的使命果たせ

衆院本会議で第98代首相に指名され、一礼する安倍晋三首相=1日午後、国会・衆院本会議場(酒巻俊介撮影) 衆院本会議で第98代首相に指名され、一礼する安倍晋三首相=1日午後、国会・衆院本会議場(酒巻俊介撮影)

 「国民の命と幸せな暮らしを守り抜き、子供たちと日本の未来を切り拓(ひら)いていくために全力で、一丸となって取り組んでいこう」

 安倍晋三首相は1日午後、首相指名選挙に先立つ自民党両院議員総会でこう強調した。この言葉は、首相が衆院選で提示した2つの国難、北朝鮮危機と少子高齢化問題に重なる。

 また、「重い責任と歴史的使命」にも言及した。これは党所属議員への呼びかけであると同時に、安倍首相自身の覚悟でもあろう。

 安倍首相は今回の衆院選で勝ち、総裁として5回連続で国政選挙に圧勝するという類を見ない功績を挙げた。来年9月の党総裁選での3選はかなり有力視されてきた。そうなると、再来年11月には在任期間は桂太郎元首相を上回り、憲政史上最長となる。まさに歴史に名が刻まれるのである。

 かつてない長期政権は、それだけ重い歴史的使命を背負うことになる。民意が与えた時間に見合う仕事を、是が非でも成し遂げなければならない。

 「今はまだ、目の前の仕事をしていくことで精いっぱいだ」

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング