産経ニュース

【安倍首相記者会見・詳報(下)】北朝鮮対応「圧力を最大限まで高める」「憲法改正は幅広い合意を形成する努力を重ねる」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【安倍首相記者会見・詳報(下)】
北朝鮮対応「圧力を最大限まで高める」「憲法改正は幅広い合意を形成する努力を重ねる」

第4次安倍内閣が発足し、記者会見する安倍首相=1日夜、首相官邸 第4次安倍内閣が発足し、記者会見する安倍首相=1日夜、首相官邸

 安倍晋三首相は第4次安倍晋三内閣発足にあたって1日、官邸で記者会見し、北朝鮮対応について「あらゆる手段による圧力を最大限まで高め、北朝鮮側から対話をしてほしいと言ってくる状況をつくらなければならない」と強調した。憲法改正に関しては「幅広い合意を形成する努力を重ねる」と述べた。首相の質疑応答に関する詳報は以下の通り。

  --首相が向きあうテーマとして、北朝鮮対応や人づくり革命のほか、憲法改正があると思います。首相は5月に2020年の改正憲法施行を目指すと表明されましたが、これを目標とする考えにお変わりはないでしょうか。その際、19(平成31)年の参院選と国民投票を同時実施する考えは選択肢にあり得るでしょうか。それと、野党側の協力というのは不可欠だと思いますが、自民党の4つの改憲項目にこだわらず、例えば、第8章の地方自治など野党側の考えを取り入れる余地というのはあるでしょうか。

 「憲法改正は自由民主党の立党以来の党是とも言えます。これまでも党の公約として掲げてまいりましたが、今回、初めて公約の柱、主要項目の一つに位置付け、改正すべき項目として4つの項目をお示しをし、そして選挙戦を戦いました。しかし、これまでも申し上げているとおり、スケジュールありきではありません。本年5月に私が述べた2020年という目標については議論を活性化するために述べたものであります」

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング