産経ニュース

衆院副議長に立民・赤松広隆氏 各派協議会で「大島理森議長」とともに了承 皇室会議のメンバーに

ニュース 政治

記事詳細

更新


衆院副議長に立民・赤松広隆氏 各派協議会で「大島理森議長」とともに了承 皇室会議のメンバーに

赤松広隆氏(荻窪佳撮影) 赤松広隆氏(荻窪佳撮影)

 衆院各派協議会は30日、衆院議長に自民党の大島理森前衆院議長を再選し、副議長に立憲民主党最高顧問の赤松広隆元副議長を充てる方針を了承した。2人は特別国会が召集される来月1日の衆院本会議で選出される。

 正副議長は、近く開催される皇室会議のメンバー。赤松氏は今後、大島氏とともに、天皇陛下の譲位に向けた準備や日程の決定に関わる。

 議長は与党第一党、副議長は野党第一党から出すのが慣例。赤松氏は愛知県議を経て平成2年、旧社会党公認で衆院初当選。同党書記長、旧民主党副代表、農林水産相などを歴任した。旧民主党時代の24~26年にも副議長を務めた。

「ニュース」のランキング