産経ニュース

【メディアは何を伝えたか(下)】憲法改正 朝日・毎日は1000行超え 現実味おびる改憲に危機感? 北朝鮮問題の浮上で議論は低調 

ニュース 政治

記事詳細

更新

【メディアは何を伝えたか(下)】
憲法改正 朝日・毎日は1000行超え 現実味おびる改憲に危機感? 北朝鮮問題の浮上で議論は低調 

 衆院選は憲法改正にどう向き合うかも争点の一つだった。憲法改正を党是とする自民党(総裁・安倍晋三首相)と、「加憲」の立場をとる公明党の与党が改憲の国会発議が可能となる3分の2(310議席)を超える313議席を確保し、希望の党や日本維新の会などを加えたいわゆる「改憲勢力」が約8割を占めた。そうした情勢下にあって、衆院選期間中、憲法改正に関する記事を最も多く掲載したのは「護憲派」として知られる朝日新聞だった。

 朝日の11~22日付の衆院選関連記事のうち、憲法改正にかかわる文字を見出しに含んだ記事は計1459行で、面積は新聞約2・9ページ分に相当する。

 朝日が公示翌日の11日付朝刊の1面に掲載した記事の見出しは「憲法、増税、原発、森友・加計」で、最初に憲法を配した。12日付から始まった連載企画「安倍政治 その先 2017衆院選」でも、改憲論を初回のテーマに据えた。

 投開票日の22日付でも「自民は公約集の柱に憲法改正を掲げ、首相が提案した9条への自衛隊の明記など、4つの改憲項目を列挙する」などと憲法9条に焦点を当てて、与野党の主張を紹介している。

 調査対象とした12日間のうち、朝日が憲法改正に関する記事を掲載しなかったのは2日間だけ。掲載量、掲載日数とも最多だった。

 もっとも、記事が多いからといって朝日が憲法改正に積極的なわけでも、理解を示したわけでもない。むしろ、改憲が現実の政治課題となってきたことへの危機感の表れといえる。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング