産経ニュース

【神戸製鋼データ改竄】JIS取り消しでどうなる? さらなる信用低下でコスト増

ニュース 政治

記事詳細

更新

【神戸製鋼データ改竄】
JIS取り消しでどうなる? さらなる信用低下でコスト増

神戸製鋼所東京本社。性能データの改竄問題で、神戸製鋼の業績回復に暗雲が漂う(ロイター) 神戸製鋼所東京本社。性能データの改竄問題で、神戸製鋼の業績回復に暗雲が漂う(ロイター)

 Q 取り消しの影響は

 A 認証は最低限の基準ではなく、より高い安全性や品質を示すものなので、違反があった製品が原因で事故や不具合が発生するとはかぎらない。一方、生産管理体制に対する信頼感の低下は避けられない。

 Q 具体的には

 A JISマークの認証を受けていなければ、取引ごとに品質を証明しなければならず、製造コストが高まる。さらに認証取得が条件となっている取引はできなくなるため、販売が落ち込む可能性もある。

 また会社全体への信頼感の低下で、神戸製鋼への発注を回避する動きが広がれば、長期的な業績の悪化にもつながる。

「ニュース」のランキング