産経ニュース

【衆院選】希望合流3人惨敗…「突き放すつもりはないが、復党はない」 民進青森県連代表「連携は密に」

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
希望合流3人惨敗…「突き放すつもりはないが、復党はない」 民進青森県連代表「連携は密に」

衆院選を受けて記者会見する民進党青森県連の田名部定男代表(右)=24日、青森市(福田徳行撮影) 衆院選を受けて記者会見する民進党青森県連の田名部定男代表(右)=24日、青森市(福田徳行撮影)

 衆院選で民進党から希望の党に移った青森1~3区の3人が惨敗したことを受け、民進党青森県連の田名部定男代表は24日、記者会見し、「3人と連携を密にしていきたい」としながらも、離党したことによる処遇の難しさをにじませた。県連は来月初めにも常任幹事会を開き、今後の対応を協議する方針だ。

 会見で田名部氏は、惨敗の要因として、希望の小池百合子代表が民進党出身者を選別した排除の論理や政策をめぐる“踏み絵”などによって、野党共闘が頓挫したことを挙げた。

 その上で、1区の升田世喜男氏、2区の工藤武司氏、3区の山内崇氏から近く意向を確認する考えを示しながら、「3人を突き放すつもりはないが、党が違うので距離感は難しい。復党はないと思う」と語った。

 田名部代表は今後の統一地方選、参院選に向け「与党に対抗するため、これから野党がどのように結集していくのかが課題」と述べ民進、希望両党本部の選挙総括と対応策を見守る姿勢を示した。

「ニュース」のランキング