産経ニュース

安倍晋三首相「緊張感持って職務を」衆院選後の初の閣議で

ニュース 政治

記事詳細

更新


安倍晋三首相「緊張感持って職務を」衆院選後の初の閣議で

閣議に臨む安倍晋三首相(中央)ら閣僚=24日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影) 閣議に臨む安倍晋三首相(中央)ら閣僚=24日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 安倍晋三首相は24日、衆院選後初の閣議を官邸で開き「皆さんの努力が功を奏した。緊張感を持ってこれからも(職務に)取り組んでもらいたい」と述べ、政策を推進するよう指示した。閣僚からは「選挙戦で寄せられた国民の声にしっかりと向き合う」(菅義偉官房長官)などと決意を示す発言が相次いだ。

 閣議後の記者会見で菅氏は「政策本位で有権者と約束したことを一つ一つ実行に移し、この国を前に進めたい」と強調した。麻生太郎副総理兼財務相は「経済政策が支持された。(事前の)世論調査で与党が勝つと分かると株価は上がり続けた」と総括した。公明党出身の石井啓一国土交通相は「自公連立政権の取り組みについて、国民の理解と信頼が得られた」と語った。

 ただ、自民党勝利を戒める発言もあった。野田聖子総務相は「自民党がとてもいいというより、野党の分断によって自公が安定している点を選んでもらったところもある」と指摘した。

「ニュース」のランキング