産経ニュース

【衆院選】離島から次々と投票箱 松山市で開票始まる 山口・萩は自衛隊ヘリで輸送…「台風の影響、想像以上だった」

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
離島から次々と投票箱 松山市で開票始まる 山口・萩は自衛隊ヘリで輸送…「台風の影響、想像以上だった」

1日遅れで始まった衆院選愛媛1区の開票作業=松山市 1日遅れで始まった衆院選愛媛1区の開票作業=松山市

 台風21号の影響で22日に衆院選の即日開票ができなかった松山市や三重県伊勢市で23日午前、開票が始まった。離島などから投票箱が次々と運び込まれ、職員らが真剣な表情で作業を進めた。山口県萩市は自衛隊ヘリで輸送し、午後から開票。

 松山市内の開票所では、台の上で一斉に投票箱が開かれると、職員ら約500人が投票用紙を広げ、素早く向きをそろえて候補者ごとに仕分けていた。

 愛媛1区と2区にまたがる松山市は22日、離島からの船が欠航し、投票箱が運べなくなったため、即日開票を断念。松山市選挙管理委員会の郷田正俊事務局長は「台風の影響は想像以上だった。できるだけ早く開票を進めたい」と話した。

 伊勢市は雨で道路が冠水したため、三つの投票所から投票箱が回収できず、開票を延期。23日午前、同市の体育館では台風が過ぎた後も強風がやまない中、平日で通常業務があるため、本来の約半数の職員が作業に当たった。

 既に到着していた投票箱は、不正を防ぐため職員が夜通し見守った。市選管の西宮晴一委員長は「有権者も得票を気にしていると思う。丁寧に開票したい」と話した。

 山口県萩市では、23日も海上の波が高く、離島の見島との定期航路が再び欠航に。県選管は自衛隊ヘリで投票箱を輸送することを決め、開票は午後3時に始まる見通しとなった。

「ニュース」のランキング