産経ニュース

【衆院選】希望・佐藤氏、“亀井票”集め自民・共産破る 広島6区

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
希望・佐藤氏、“亀井票”集め自民・共産破る 広島6区

当選確実となり、支援者や家族と万歳する佐藤公治氏(中央)=広島県尾道市 当選確実となり、支援者や家族と万歳する佐藤公治氏(中央)=広島県尾道市

 広島6区は、希望元職の佐藤公治氏(58)が、自民前職の小島敏文氏(67)、共産新人の寺田明充氏(66)を制し、選挙区で勝利した。

 「亀井党」とも呼ばれる個人の強固な支持基盤を誇った亀井氏は、前回も8万9700票余りを獲得し県内7選挙区で唯一自民を破っており、“亀井票”の行方が注目されていた。

 亀井氏は、民進からの合流を選別した希望の手法を批判。前回、亀井氏に協力した佐藤氏に対し「限定的な支援」としたものの、亀井氏の支持層の多くは佐藤氏に流れたとみられる。

 佐藤氏は選挙戦で、説明責任を果たさないままの消費税増税には反対を表明。「地方をよくすることで国を建て直す」とアピールしてきた。

 尾道市内のホテルに集まった支援者らは、当選を決めた佐藤氏を拍手と歓声で迎えた。

「ニュース」のランキング