産経ニュース

【衆院選】中国ブロック 自民、5県20小選挙区で大勝、18を制す 希望は頼みの無党派層に浸透せず

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
中国ブロック 自民、5県20小選挙区で大勝、18を制す 希望は頼みの無党派層に浸透せず

 自民党は5県計20小選挙区のうち岡山3区と広島6区を除く18を制した。比例では序盤6議席をうかがう勢いだったが、5に収まった。

 岡山3区は阿部俊子氏と平沼正二郎氏が共に無所属で立つ保守分裂選挙となったが、軍配は阿部氏に上がり、自民は阿部氏を追加公認した。公明党は前回と同じ2議席を手堅く押さえ、比例単独候補が当選した。

 立憲民主党は、安倍政権への批判を取り込んで得票を伸ばし、1議席獲得の見込みだった序盤の情勢から上積みした。岡山1区の高井崇志氏と島根1区の亀井亜紀子氏が復活当選を果たした。

 希望の党は、頼みの無党派層に十分浸透しなかった。当選は候補者を擁立した4県13小選挙区のうち1、比例で2にとどまった。岡山2区の津村啓介氏と岡山4区の柚木道義氏が復活した。

 日本維新の会は前回維新の党が取った1議席に届かなかった。共産党は前回獲得した1議席の死守を目指したが、無党派層の票を立民に奪われ、及ばなかった。社民党と諸派の幸福実現党は支持を広げられなかった。

「ニュース」のランキング