産経ニュース

【衆院選】自民・木原稔氏、希望・松野頼久氏との一騎打ち制す 熊本1区

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
自民・木原稔氏、希望・松野頼久氏との一騎打ち制す 熊本1区

支持者と気勢を上げる木原稔氏 支持者と気勢を上げる木原稔氏

 熊本1区は自民党の前職、木原稔氏(48)が、希望の党前職の松野頼久氏(57)との一騎打ちを制し、4選を果たした。両氏の選挙区対決は5度目だが、直近は木原氏の3連勝となった。

 木原氏の支持者は、熊本市中央区のホテルで開票を見守った。「当選確実」が伝わると、支持者は手をたたき、歓声を上げた。

 木原氏は「支えてくれたみなさんに感謝申し上げる。熊本の復興はまだ道半ばであり、県や市町村と連携し、チーム熊本、そして復興仕事人として頑張りたい。また、政府の一員として日米同盟を基軸とし、国と国民を守る」と抱負を語った。

 選挙戦では、自民党や友好団体の支援を受け、組織戦を展開した。党からは、安倍晋三首相を筆頭に、大物議員が次々と来援した。木原氏本人は「復興仕事人」を掲げ、仮設住宅の入居期限延長など熊本地震からの復旧復興に関する実績を強調した。

 公明党の推薦は求めなかった。熊本県は今回、選挙区が1つ減った。自民党前職1人が比例単独に回ったことから、「支持者に『比例は公明へ』とは言えない」と判断した。

続きを読む

衆院選アンケート

「ニュース」のランキング