産経ニュース

【衆院選】江田憲司氏、追い上げ振り切り6選 神奈川8区

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
江田憲司氏、追い上げ振り切り6選 神奈川8区

 高い知名度を誇り、民進党代表代行を務めた前職の江田憲司氏が、自民元職の三谷英弘氏ら3候補の追い上げを振り切って6回目の当選を果たし、改めて神奈川8区での強さを示した。

 江田氏は今回、新党入りは見送って無所属で出馬。平成26年の前回選挙では、維新の党共同代表として全国を応援で回ったが、今回は他候補の応援は最小限にとどめ、地元の駅頭を中心に、8区内を回る「どぶ板選挙」を徹底。安倍一強政治の打破や消費増税の反対、原発ゼロなどを訴え、支持を集めた。

 一方、長年、同区で比例復活に甘んじてきた自民だったが、内閣府副大臣(当時)で前職の福田峰之氏が9月下旬に突如離党。希望の党入りし、国替えしたことで、元みんなの党衆院議員の三谷氏を擁立した。菅義偉官房長官ら大物が連日選挙区に入り、応援を繰り広げたが、短期間で大幅な認知度向上には至らず、及ばなかった。

 小学校講師の経験を持つ共産新人の加藤リカ氏は「安倍暴走政治の退場」や消費増税10%の中止などを訴え、諸派新人の大西恒樹氏は「本質的な議論を政界に持ち込む」とアピールしたが、涙をのんだ。

「ニュース」のランキング