産経ニュース

【衆院選】「私の力不足。全ては有権者の判断」金子恵美氏、女の戦いに敗戦の弁

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
「私の力不足。全ては有権者の判断」金子恵美氏、女の戦いに敗戦の弁

選挙区での落選報道を受け、集まった支援者に謝罪する自民党の金子恵美氏=22日、新潟県三条市(桐原正道撮影) 選挙区での落選報道を受け、集まった支援者に謝罪する自民党の金子恵美氏=22日、新潟県三条市(桐原正道撮影)

 22日投票の衆院選で、新潟4区で落選し、比例復活もならなかった自民前職の金子恵美氏。選挙区での敗北が確実になると、支援者らが待つ新潟県三条市横町の結婚式場に姿を現した。

 夫の宮崎謙介氏が不倫で衆院議員を辞職して以来、初の選挙となったこともあり、苦しい戦いとなった。「私の力不足、実力不足以上の何ものでもない。大変申し訳ありません」と深々と頭を下げた。

 金子氏は、野党共闘を「イデオロギーも何もない野合に打ち勝つことが真の民主主義、正義と良識を示すことができると考えたが、全ては有権者の判断」と悔しさを隠さなかった。涙はみせず、きっぱりとした表情で淡々と語った。

 対立候補の菊田真紀子氏は無所属で、比例復活の可能性がなく「今回で決着をつける」と金子氏は必勝の構えで臨んだ。

 だが、菊田氏が野党共闘態勢の下で共産の支援も得たことから形勢は逆転。必死の形相で訴えた願いは実らなかった。

このニュースの写真

  • 「私の力不足。全ては有権者の判断」金子恵美氏、女の戦いに敗戦の弁
  • 「私の力不足。全ては有権者の判断」金子恵美氏、女の戦いに敗戦の弁
  • 「私の力不足。全ては有権者の判断」金子恵美氏、女の戦いに敗戦の弁

関連ニュース

「ニュース」のランキング