産経ニュース

「希望の党」候補者を眺めると「排除」がむしろ足りない 民進左派の批判は滑稽

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新


「希望の党」候補者を眺めると「排除」がむしろ足りない 民進左派の批判は滑稽

小池氏(左)は「希望の党」を立ち上げた 小池氏(左)は「希望の党」を立ち上げた

 いささか失速気味だが、10・22衆院選の「台風の目」となったのが小池百合子都知事であることは間違いない。小池氏の率いる「希望の党」が民進党の大部分を飲み込んでしまったが、これは予想外の出来事だった。(夕刊フジ)

 希望の党の候補者選定に関して、小池氏が民進党のすべての政治家を受け入れる気持ちは「サラサラない」といい、一部の左派を「選別・排除」すると宣言すると、民進党の左派を中心に批判の声が挙がった。

 だが、これは「政党とは何か」を無視した、奇妙で滑稽な批判と言わざるを得ない。

 なぜなら、政党には政治理念や個性があるからだ。それぞれの政党の政治理念や個性を受け入れることができない政治家を政党が認めることは、政党の自滅に他ならないだろう。何のための政党なのかが不明になり、やがて分裂し、ついには瓦解(がかい)する。

 もちろん、政党の政治理念や個性は複雑で幅が広いものだ。自民党でも、さまざまな見解を持った政治家が存在しており、それが自民党の懐の深さとなっている。だが、かつての民進党を振り返ってみると、懐が深いというよりも、「統一感なく分裂している」だけの状況のようにしかみえなかった。

 小池氏が、憲法改正や安全保障の問題に強くこだわるのは、この2つの問題を無視したうえでの「野合」は、ときの政権を打倒することは可能だが、その後の運営が不可能になる-という当たり前の事実を踏まえたものだろう。

続きを読む

「ニュース」のランキング