産経ニュース

【選挙サンデー】日本のこころ・中野正志代表演説要旨「国民の国民による国民のための憲法を」

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【選挙サンデー】
日本のこころ・中野正志代表演説要旨「国民の国民による国民のための憲法を」

 街頭演説する日本のこころの中野代表=15日午後、東京・銀座  街頭演説する日本のこころの中野代表=15日午後、東京・銀座

 日本のこころの中野正志代表は15日、東京・銀座で街頭演説し、支持を訴えた。演説の要旨は次の通り。

 憲法問題を結党時から訴え続けてきた。やっと憲法改正の機運が出てきた。自衛隊は防人として頑張っているが、憲法学者の7割が自衛隊の存在を違憲だといっている。いつまでも合憲だ、違憲だという分け方をしているようでは情けない。国民の国民による国民のための憲法を作り上げよう。

 北朝鮮がミサイルを一斉発射したら、百パーセント防御するという形にはいかない。ミサイル防御の態勢をより高度化することが必要だ。抑止力という視点で、対敵基地攻撃能力も保有しなければならない。

 一夜のうちに議員バッジほしさに希望の党に合流することが許されるのか。信念も主張も180度違う。とても信用するわけにはいかない。希望の党の小池百合子代表は新党を作って「政権選択選挙だ」と話したのだから、いかな批判があろうとも衆院選に出馬しなければならなかった。

 「消費税マイレージ制度」を導入すれば、消費意欲は高まる。選挙が終わったら自民党の有志と勉強会をスタートしたい。

このニュースの写真

  • 日本のこころ・中野正志代表演説要旨「国民の国民による国民のための憲法を」

「ニュース」のランキング