産経ニュース

【衆院選】自公両党首、鹿児島でそろい踏み 実績アピール

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
自公両党首、鹿児島でそろい踏み 実績アピール

ガンバローコールをする安倍晋三首相(右)と公明党の山口那津男代表(左)=13日午前、鹿児島県鹿児島市(中村雅和撮影) ガンバローコールをする安倍晋三首相(右)と公明党の山口那津男代表(左)=13日午前、鹿児島県鹿児島市(中村雅和撮影)

 安倍晋三首相(自民党総裁)と公明党の山口那津男代表は13日、鹿児島市で10日の衆院選公示後、初めて一緒に街頭演説を行い、自公連立政権の実績をアピールした。

 首相は、拉致被害者の市川修一さんと増元るみ子さんが鹿児島県出身であることに言及し「自公両党がしっかりと力をあわせて北朝鮮の核・ミサイル問題や拉致問題の解決に全力を尽くす」と強調した。

 山口氏は、自公両党が主導して整備した安全保障法制について「野党は廃止しろというが、その後がない。全く無責任だ。国民の命を平和な暮らしを守る責任感と実行力があるのは自公連立政権しかない」と訴えた。

「ニュース」のランキング