産経ニュース

【マッド三枝が行く!!・選挙区紀行 埼玉4区】豊田真由子氏は怖かった! 「あなた、どこの社? 産経? 産経にはね…」

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【マッド三枝が行く!!・選挙区紀行 埼玉4区】
豊田真由子氏は怖かった! 「あなた、どこの社? 産経? 産経にはね…」

 ほとんどの人は豊田氏を無視して小走りに去って行く。だが、10人に1人くらいはチラシを手にし、その中の30人に1人くらいは握手し、「応援しています。頑張ってください」と激励する人もいた。

 写真を撮影中も突然、豊田氏が駆けてきて「あまり近づかないでください。チラシを取ってくれなくなっちゃいますから」と、またしても叱られてしまった。

 途中、ピンクのウインドブレーカーを着た男性が駆け寄って、無言でチラシの束を豊田氏に渡した。男性を捕まえて、話を聞こうとしたが、「私は一介のボランティアですから」といって、取材に応じたくなさそうだ。それでも毎日、500枚近くのチラシを配っていること。午前6時から9時までほぼ毎日続けていることを教えてくれた。

 「朝霞・志木・和光・新座の未来のために、心から反省し、全力を尽くします」

 表題にそう書かれた「とよた真由子ニュース」(駅頭で配ったチラシ)を一部もらった。

 いかに文部科学省政務官として身を粉にして働いたか、地元案件の予算を獲得したか、びっしりと書かれている。

 チラシの中でも書かれていた「『どんな小さな集まりにも必ず顔を出してくれる』というお言葉をいただきます」という言葉。これは事実らしい。地元に集中豪雨被害があった際には、900軒近い住民を訪問したそうだ。この地域密着の「ドブ板」がどれほどの効果があったか、22日には結果が出る。

    ◇

 豊田真由子氏が出馬した埼玉4区はほかに、青柳仁士氏(維新)、朝賀英義氏(共産)、吉田芳朝氏(希望)、穂坂泰氏(自民)が立候補している。(WEB編集チーム 三枝玄太郎)

このニュースの写真

  • 豊田真由子氏は怖かった! 「あなた、どこの社? 産経? 産経にはね…」
  • 豊田真由子氏は怖かった! 「あなた、どこの社? 産経? 産経にはね…」

「ニュース」のランキング