産経ニュース

安倍晋三首相が静岡・焼津と磐田で演説 消費税の使途変更に理解求める

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新


安倍晋三首相が静岡・焼津と磐田で演説 消費税の使途変更に理解求める

自民党の衆院静岡3区候補の応援のため、磐田市内で街頭演説を行う安倍晋三首相=11日(田中万紀撮影) 自民党の衆院静岡3区候補の応援のため、磐田市内で街頭演説を行う安倍晋三首相=11日(田中万紀撮影)

 衆院選公示翌日となった11日、安倍晋三首相(自民党総裁)が静岡県内入りし、焼津市と磐田市で同党公認候補の応援演説を行った。

 このうち、磐田市では演説会場となったスーパーマーケット駐車場に同党の支持者ら約1千人が集結。拍手に迎えられて登壇した安倍首相は、中小企業対策や農業政策での政権の実績を強調した上で、「次の挑戦は少子高齢化。幼児教育を無償化し、給付型奨学金をつくって貧しくても高等教育を受けられるようにする」と述べ、消費税増税分を未来への投資に振り向けることへの理解を求めた。

 首相の応援を受けた衆院静岡3区の候補者は「首相の応援は光栄だが、選挙が厳しいことの証でもある。これまで以上に気合を入れて戦わなければならない」と意気込んでいた。

「ニュース」のランキング