産経ニュース

【国難を問う(1)】迫る北朝鮮有事 後方支援、難民、戦費…日本に課せられる重い課題とは?

ニュース 政治

記事詳細

更新

【国難を問う(1)】
迫る北朝鮮有事 後方支援、難民、戦費…日本に課せられる重い課題とは?

北朝鮮の労働新聞が8月26日掲載した、韓国の延坪島と白●(=領の頁を羽の旧字体に)島の占領を想定した特殊作戦部隊による攻撃訓練の写真(コリアメディア提供・共同) 北朝鮮の労働新聞が8月26日掲載した、韓国の延坪島と白●(=領の頁を羽の旧字体に)島の占領を想定した特殊作戦部隊による攻撃訓練の写真(コリアメディア提供・共同)

 海上封鎖についても自衛隊の参加は難しい。国際法上、臨検は「武力行使の一環」と位置づけられ、憲法9条が禁じる「武力行使の一体化」となりかねないからだ。そもそも自衛隊は積み荷押収や武装解除など強制権限を有していない。

 補給もできない。臨検もできない。となると日米同盟にひびが入りかねない。

 そんな事態に陥っても国会で野党は「安保関連法は憲法違反」だと騒ぐつもりなのか。今回の衆院選は日米同盟の行方そのものを問うている。(敬称略、杉本康士)

このニュースの写真

  • 迫る北朝鮮有事 後方支援、難民、戦費…日本に課せられる重い課題とは?

「ニュース」のランキング