産経ニュース

【衆院選・群馬】1区で自民、瀬戸際で候補を一本化 三つどもえに 5区の小渕優子氏「一夜でできた政党に任せるのか」

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選・群馬】
1区で自民、瀬戸際で候補を一本化 三つどもえに 5区の小渕優子氏「一夜でできた政党に任せるのか」

出陣式で必勝への思いを込めこぶしを突き上げる支持者。熱い選挙戦が始まった=10日、群馬県高崎市(椎名高志撮影) 出陣式で必勝への思いを込めこぶしを突き上げる支持者。熱い選挙戦が始まった=10日、群馬県高崎市(椎名高志撮影)

 店橋氏は正午ごろに県庁前で第一声。「日本は憲法9条を持ち、戦争をしなかった。外交の努力で世界の平和を築いていくことこそが名誉ある地位。憲法破壊の政治は断じて許さない」と主張した。安保法制廃止や「原発ゼロ」なども訴えた。

 強固な地盤を誇り7選を目指す5区の自民・小渕優子氏は午前8時半ごろに渋川市の渋川八幡宮で必勝祈願祭を行い、その後の出陣式で「日本の将来を、一夜でできた政党に任せるのか」と野党を牽制(けんせい)。「地元には人口減少、農業の担い手不足などさまざまな課題がある。これからのふるさとの姿について議論を深めたい」と主張した。

「ニュース」のランキング