産経ニュース

【正論】枝野幸男氏の主張は筋が通っているのか 衆院選の憲法論議歓迎、自衛隊の存在を曖昧にするな 西修

ニュース 政治

記事詳細

更新

【正論】
枝野幸男氏の主張は筋が通っているのか 衆院選の憲法論議歓迎、自衛隊の存在を曖昧にするな 西修

駒沢大学名誉教授の西修氏(寺河内美奈撮影) 駒沢大学名誉教授の西修氏(寺河内美奈撮影)

 北朝鮮による6回目の核実験、日本列島上空を超える2度の弾道ミサイルの発射、そして度重なる軍事的挑発。さらに中国による日常茶飯事的な領海侵入、国際社会秩序を無視した得手勝手な示威行動など、わが国を取り巻く安全保障環境は、かつてないほど厳しい状況にある。

 平和安全法制の施行に伴い、米国との間で弾道ミサイルの警戒を含む情報収集や監視活動、輸送や補給など、さまざまな共同訓練が実施されている。これらを通じ、日米同盟による抑止力の強化が図られている。まさに菅義偉官房長官が語ったように、「平和安全法制がなかったらと思うとぞっとする」。

 安全保障体制の再構築と憲法改正は、表裏一体の関係にある。その関係をいかに整序づけたらよいのかは、喫緊の課題である。選挙戦において、各党はわかりやすく訴えることが求められる。

 それと同時に、有権者はわが国の平和と安全をどの政党に託せばよいのか、賢明な判断をくだすことが求められている。(駒沢大学名誉教授・西修 にし おさむ)

関連トピックス

「ニュース」のランキング