産経ニュース

【衆院選】山本太郎自由党共同代表が事実と異なる主張 安倍晋三首相の対立候補を応援 後にFBで訂正

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
山本太郎自由党共同代表が事実と異なる主張 安倍晋三首相の対立候補を応援 後にFBで訂正

自由党の山本太郎共同代表(斎藤良雄撮影) 自由党の山本太郎共同代表(斎藤良雄撮影)

 自由党の山本太郎共同代表は10日、安倍晋三首相(自民党総裁)の対立候補の支援で訪れた山口4区(下関市、長門市)で、事実と異なる内容を街頭演説で訴えたとして同日中に自身のフェイスブック(FB)で訂正した。

 山本氏は下関市内で応援演説した際、「安倍総理は選挙区で落ちたとしても比例で必ず復活します」と発言した。だが、首相は比例代表との重複立候補を辞退しており、選挙区で落選すれば比例での復活はない。

 山本氏のFBは10日午後、「山口4区での応援演説で、選挙区で安倍さんは落ちても比例復活できる、お灸を据えましょうと発言しましたが、誤りでした。安倍さんは比例との重複立候補ではありませんので、選挙区で落ちたら議員じゃなくなります。訂正します。選挙区で落としてユックリしてもらいましょう」とする訂正文を掲載した。

関連ニュース

「ニュース」のランキング