産経ニュース

【第一声・詳報】社民党・吉田忠智党首「憲法9条を変えさせない」

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【第一声・詳報】
社民党・吉田忠智党首「憲法9条を変えさせない」

衆院選が公示され、第一声を上げる社民党の吉田忠智代表=10日午前、大分県臼杵市(永田直也撮影) 衆院選が公示され、第一声を上げる社民党の吉田忠智代表=10日午前、大分県臼杵市(永田直也撮影)

 みなさん、おはようございます。社民党党首の吉田忠智です。

 いよいよ決戦の火蓋が切られました。わが同志、そして社民党のエース、吉川元・候補の(大分)2区選挙区勝利に向けての皆様のこれまでのご尽力に、心からのお礼を申し上げます。まことにありがとうございます。

 みなさん、今回の衆院選の争点は大きく2つです。 ひとつは、安倍政治を許すのか許さないか。これからも続けさせるのか。私たち野党4党、当時は野党4党で、憲法53条に基づいて、臨時国会開会を要求しました。そしてやっと3カ月たって、9月28日に臨時国会が開かれましたけれど、わずか1分40秒。全く議論を行えないまま、衆議院を解散してしまいました。

 森友学園問題、加計学園問題、南スーダン日報隠蔽(いんぺい)問題。丁寧に説明すると言いながら、全く国会で議論しない。

 しかも、8月に内閣改造して仕事人内閣などといいながら、衆議院を解散した。改めて、安倍政権、安倍総理の政治姿勢が問われる選挙じゃありませんか、みなさん。

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング