産経ニュース

静岡県河津町長のリコール成立 複合施設建設めぐり

ニュース 政治

記事詳細

更新


静岡県河津町長のリコール成立 複合施設建設めぐり

住民投票で静岡県河津町長を失職し、記者会見する相馬宏行氏=8日夜、同町役場 住民投票で静岡県河津町長を失職し、記者会見する相馬宏行氏=8日夜、同町役場

 静岡県河津町の複合施設建設計画をめぐって住民グループが行った相馬宏行町長の解職請求(リコール)の是非を問う住民投票が8日、投開票され、賛成票が有効投票の過半数を占め、リコールが成立した。相馬町長は即日失職。50日以内に町長選が実施される。

 投票率は68・81%で、解職賛成は2816票、反対は1524票だった。

 リコールを求めた住民グループは、当初9億円とされた複合施設の総事業費が16億円以上に膨らんだことを問題視し、計画の見直しを要求。相馬町長は整備計画の正当性を主張する一方、年度内の関連予算計上を見送る方針を示して批判をかわそうとしたが、町民の支持を集められなかった。

 町の計画によれば、複合施設には放課後児童クラブや300人規模の文化ホールなどが設けられ、大規模災害時には屋上が約940人収容の津波避難施設になる。

「ニュース」のランキング