産経ニュース

【衆院選】「北問題のかじ取りを自公に」 公明・山口代表、埼玉・大宮駅前で演説

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
「北問題のかじ取りを自公に」 公明・山口代表、埼玉・大宮駅前で演説

JR大宮駅前で街頭演説する公明党の山口那津男代表=7日、さいたま市大宮区(宮野佳幸撮影) JR大宮駅前で街頭演説する公明党の山口那津男代表=7日、さいたま市大宮区(宮野佳幸撮影)

 公明党の山口那津男代表は7日、さいたま市大宮区のJR大宮駅前と埼玉県川口市のJR川口駅前で、駅利用者や支援者らに同党と自民党の立候補予定者への支持を呼びかけた。

 同区などからなる5区では、自民党からは牧原秀樹氏が立候補予定。街頭演説には比例北関東から出馬予定で公明党公認の輿水恵一氏もマイクを握った。

 山口代表は大宮駅前の演説で、北朝鮮との問題を課題の1つとして挙げ、「地に足を着けて世界の皆さんと進んで行くかじ取りを、自公連立政権に任せてほしい」と力を込めた。

 飛行機を例えに「エンジンが2つあるから安定した飛行ができる」と自公両党で連立政権を組む意義を強調。さらに「連立政権の中で庶民、国民の目線に立った公明党がいないといけない」と話した。

 5区からは牧原氏のほかに、立憲民主党の枝野幸男氏と希望の党の高木秀文氏が出馬を予定している。

「ニュース」のランキング