産経ニュース

【目線~読者から】民進党解党「レッテルの貼り替えにすぎない」(9月27日~10月4日)

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【目線~読者から】
民進党解党「レッテルの貼り替えにすぎない」(9月27日~10月4日)

 衆院解散・総選挙の流れの中、小池百合子東京都知事率いる「希望の党」の誕生に続いて、「民進『解党論』が急浮上」(9月27日付)、「『解党』候補擁立せず」「希望に合流 提案へ」(28日付)と野党第1党の民進党に大激震が。「驚いた。どこの世論調査の設問にもない展開になってきたね」(東京都、70代男性)▽「いくら無責任と批判されても、国政の政党代表なのだから、小池さんが衆院選に出なければ収まらない。都政だって混乱する」(静岡県、71歳男性)▽「民進党の左派の議員はどうするのだろうか」(男性)

 29日付「衆院解散」に続いて野党サイドは「小池氏『民進左派を排除』」(30日付)、「小池氏『出馬しない』」「『立憲民主党』 左派で結成表明、民進4分裂」(10月3日付)と風雲急の“未体験ゾーン”へ。「小池さんを取り巻く、当選したいがための露骨な動きに政治家の安っぽさ、うさん臭さを思い知らされた」(東京都、80歳男性)▽「希望の党から出馬した前職が、当選後に民進党に戻るって可能性はないのか」(東京都、77歳男性)▽「民進党はレッテルを貼り替えようとしているにすぎない。幕末の脱藩者には『志』があったが、今の政治家は何のために動いているのかよくわからん。今回は『レッテルか中身か』の選択です」(東京都、91歳男性)

続きを読む

「ニュース」のランキング