産経ニュース

【衆院選】豊田真由子氏出馬表明(詳報) 「地元の方から背中を押された」「私の片思いだが、自民党を愛している」

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
豊田真由子氏出馬表明(詳報) 「地元の方から背中を押された」「私の片思いだが、自民党を愛している」

新座市役所で記者会見する豊田真由子氏=6日、埼玉県新座市(宮野佳幸撮影) 新座市役所で記者会見する豊田真由子氏=6日、埼玉県新座市(宮野佳幸撮影)

 --普通なら出馬しないと。なぜこの状況で出馬するのかを改めて聴きたい

 「落下傘候補としてこの地域にきて、『お嫁に来ました』と思っている。この地域に骨を埋める覚悟で、朝から晩まで『そこまでくるのか、やるのか』ということを自分がやりたくてやっています。お嫁にきた以上、さっさと割り切って断ち切れないほど、自分の思いが強いということですかね。地域に対する思いが強くて、『きちんと仕事をしてお返しをしないと』と思っている」

 --そこまで思いを深める要因は

 「最初はどなたにも相手にされなかった。最初は(自分で)ポスターをお願いして許可を取って貼っていた。足の骨を折って平成24年6月上旬から9月上旬までは松葉づえで活動していた。1日も休まずに毎日、駅に立って活動してきました。そういうことを当たり前のことと思ってやってきたのを見て、『じゃあ応援しようじゃないか』『こいつなら本当に仕事してくれる』と信じてくれた方がたくさん出てきてくださった。信頼を損ねるようなことをしたので、そういった方がどれくらい残っているか分からない。私は情や義理人情にウエットな人間。培ってきた絆や信頼関係を人生の大きな大きな宝だと思っている」

 --今回の選挙で勝算は

続きを読む

このニュースの写真

  • 豊田真由子氏出馬表明(詳報) 「地元の方から背中を押された」「私の片思いだが、自民党を愛している」

関連ニュース

「ニュース」のランキング