産経ニュース

【衆院選】栃木で共産が1人取り下げ 民進系無所属と野党共闘

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
栃木で共産が1人取り下げ 民進系無所属と野党共闘

 共産党は安保法制などに反対の立場の候補者とは連携する構えで、安保法制に賛成の立場の新党「希望の党」には批判的。民進県連は、希望の党に福田氏を含めた3人の公認を申請したが、公認から外れた福田氏と1区の渡辺典喜氏(34)は無所属での出馬を決めた。

 福田氏同様、無所属で出馬する渡辺氏との共闘について小林委員長は「政策、公約がよく分からない。希望の党への公認申請も積極的だったと聞いている」として、栃木1区での共産候補の取り下げは否定した。予定通り、新人、青木弘氏(56)が出馬する。1区は他に、自民前職、船田元氏(63)、希望元職、柏倉祐司氏(48)が立候補を予定している。

「ニュース」のランキング