産経ニュース

【衆院選】小林弘幸氏、一転「立憲民主党」で出馬 山梨2区「独裁政治変える」

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
小林弘幸氏、一転「立憲民主党」で出馬 山梨2区「独裁政治変える」

 民進党山梨県連が2区に擁立後、新党「希望の党」の公認が得られず、対応が注目されていた新人の小林弘幸氏は5日、民進党県連の緊急常任幹事会の終了後に記者会見し、新党「立憲民主党」から立候補する考えを明らかにした。

 小林氏は「悩みに悩み、熟慮を重ねた末の決断。安倍(晋三)政権を倒す。平和を望む人たち、生活者の受け皿として論戦したい」と強調。「争点は1つ。独裁政治を変えるのか変えないのか。このワンワードで戦っていきたい」と意気込んだ。

 小林氏は当初、希望の党の主張と「一致点が多い」としていたが、公認調整で“排除”されたことから、考えが変わったようだ。

 会見では、中島克仁前衆院議員も1区から無所属で立候補する考えを正式表明した。

 同氏は新党「希望の党」に公認申請しなかった理由を「無所属でこそ心合わせをしっかりして全員が団結して勝利へ向かっていける」と説明した。

 希望の党に関しては「どういう党なのか説明しきれない部分もある」と指摘。「時間が足りない状況で、みんなで自分らしく選挙できるのは無所属での立候補」と強調した。

 民進党県連は常任幹事会で小林、中島両氏の立候補を承認し、支援方針を確認した。

関連トピックス

「ニュース」のランキング