産経ニュース

【衆院選】神奈川で共産、5候補予定者取り下げ 5区・水戸将史氏は出馬見送り

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
神奈川で共産、5候補予定者取り下げ 5区・水戸将史氏は出馬見送り

 共産党が“必勝候補”と位置づける10区の前職、畑野君枝氏に対しては社民党が支持する予定。一方、社民党から出馬する15区の新人、佐々木克己氏に対しては共産党が支持する。

 また、野党間の協議で、共産党が擁立を見送ることになっていた18区については、7区から出馬予定だった若林靖久氏が区を変更して出馬する。18区をめぐっては、自由党から立候補予定だった元職、樋高剛氏が千葉12区から希望の党公認で出馬することが決まり、18区から出馬を予定していた旧民主党元職の三村和也氏は希望の党公認でそのまま18区から出馬することが決定した。「有権者にとって、憲法改正反対などの選択肢がなくなる」(田母神委員長)ことから若林氏の擁立を決めたという。

 水戸将史氏は県庁で記者会見に臨み、出馬見送りを発表。希望の党から5区での立候補を予定している新人の吉岡憲史氏を支援するとした上で、「自民党に対抗する構図を作りたい。立憲民主党に行く選択肢もあったが、考え方で温度差があった」と語った。

「ニュース」のランキング