産経ニュース

【衆院選】〈千葉県情勢〉「希望」3、12区に元衆院議員の櫛渕万里・樋高剛の2氏 立憲民主は5区に新人

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
〈千葉県情勢〉「希望」3、12区に元衆院議員の櫛渕万里・樋高剛の2氏 立憲民主は5区に新人

 希望の党の第1次公認候補となった元衆院議員のNPO法人理事長、櫛渕万里氏(49)と、同じく元衆院議員で元環境政務官の樋高剛氏(51)が5日、千葉市内で会見を行い、それぞれ千葉3、12区で出馬すると表明した。

 櫛渕氏は群馬県出身で、平成21年の衆院選で旧民主党から東京23区に出馬し初当選し1期務めた。「開かれた議会を実現し、日本に希望を取り戻す」と意気込んだ。

 樋高氏は神奈川県出身。自由党の小沢一郎代表の秘書を務め、12年の衆院選で同党公認で神奈川7区から出馬し比例復活で初当選し、3期務めた。「社会保障を確立し、生活を安定させる」と述べた。

 この日はほかにも、元県議の佐藤浩氏(52)が日本維新の会から4区で出馬を表明。「しがらみのない行政改革を目指す」と抱負を述べた。5区で立憲民主党からの出馬を表明した山田厚史氏(69)は元朝日新聞記者のジャーナリスト。「有権者が自ら引き受ける政治を実現する」と話した。

関連トピックス

「ニュース」のランキング