産経ニュース

【衆院選】経済政策は「ユリノミクス」希望の党公約発表 9条改正「論議進める」消費増税凍結

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
経済政策は「ユリノミクス」希望の党公約発表 9条改正「論議進める」消費増税凍結

政策を発表する希望の党の小池百合子代表=6日午前、東京都千代田区(宮崎瑞穂撮影) 政策を発表する希望の党の小池百合子代表=6日午前、東京都千代田区(宮崎瑞穂撮影)

 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は6日午前、都内のホテルで記者会見し、衆院選公約を発表した。憲法改正に関し「9条を含め改正論議を進める」と明記し、安全保障関連法は適切に運用するとした。消費税増税の凍結を掲げたほか、2030年までの「原発ゼロ」実現を目指すと訴えた。

 小池氏は会見で、憲法論議は過去、護憲か改憲かに終始し、深まりがないと指摘。「希望の党の存在が憲法改正の大きなうねりをつくる役目を果たす。堂々と改正の議論を行っていこうではないか」と表明した。

 19年10月に予定される消費税率8%から10%への引き上げは「景気回復を確実にするため、凍結する」と強調。消費税増税凍結に伴う代替財源として大企業の内部留保への課税を検討し、基礎的財政収支(プライマリーバランス)の改善を図ると唱えた。金融緩和と財政出動に過度に依存せず、民間の活力を引き出す「ユリノミクス」を断行するとした。原発について「日本の将来を担うエネルギーだと考えない」と指摘した。

「ニュース」のランキング