産経ニュース

【衆院選】「ブラックボックスそのもの」音喜多駿、上田令子両都議が都民ファースト離党

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
「ブラックボックスそのもの」音喜多駿、上田令子両都議が都民ファースト離党

離党の決断理由を述べる音喜多駿都議(手前)。後方は上田令子都議=5日午後、都庁(宮川浩和撮影) 離党の決断理由を述べる音喜多駿都議(手前)。後方は上田令子都議=5日午後、都庁(宮川浩和撮影)

 東京都の小池百合子知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」の音喜多駿、上田令子両都議が5日、離党届を提出した。同日、都庁で会見した音喜多氏は「(党運営は)密室で役員数人で決めるブラックボックスそのもの」と反発。「(所属都議が忖度(そんたく)する相手は)前代表のことが多かったし、確たることはないが知事の影響がないとも言えない」と述べ、「都民」の密室体質には都知事特別秘書の野田数前代表や小池氏の意向が働いていたとの認識を示した。

 小池氏が立ち上げた希望の党については「詳細な公約もないのに思想も理念も違う政治家が集まった選挙目当ての野合だ」と批判。東京五輪・パラリンピックや築地市場(中央区)移転問題など都政の課題が山積しているとして「今は国政に打って出るときではない」と苦言を呈した。

 2人は今後、新会派を設立して活動する。「都民」都議への離党・会派離脱工作をすることはないとしつつ、上田氏も「私の実家は居酒屋。入ってくればいらっしゃいませだ」として都議の合流のために門戸を開いていることも強調した。

 「都民」は今後、離党届の取り扱いについて役員会で協議するとしている。

このニュースの写真

  • 「ブラックボックスそのもの」音喜多駿、上田令子両都議が都民ファースト離党
  • 「ブラックボックスそのもの」音喜多駿、上田令子両都議が都民ファースト離党
  • 「ブラックボックスそのもの」音喜多駿、上田令子両都議が都民ファースト離党

関連ニュース

「ニュース」のランキング