産経ニュース

【衆院選】民進・前原誠司代表「地方参政権、在日の方に認めるべきだが…」 ぶら下がり取材詳報

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
民進・前原誠司代表「地方参政権、在日の方に認めるべきだが…」 ぶら下がり取材詳報

会談後、握手して記念撮影に応じる希望の党代表の小池百合子東京都知事(左)と民進党の前原誠司代表(右)=5日午前、東京都新宿区(佐藤徳昭撮影) 会談後、握手して記念撮影に応じる希望の党代表の小池百合子東京都知事(左)と民進党の前原誠司代表(右)=5日午前、東京都新宿区(佐藤徳昭撮影)

 民進党の前原誠司代表は5日、希望の党の小池百合子代表(東京都知事)と会談後、記者団のぶら下がり取材に応じた。10日公示の衆院選に出馬しない意向を伝えた小池氏について「本人は決着したと思っていると思うが、やはり政権選択の選挙だ」と述べ、引き続き出馬を望む考えを示した。ぶら下がり取材の詳報は以下の通り。

 --小池氏にどういう考えを伝えたのか

 「今回、(民進党の)衆院選候補について、全員離党して希望の党に合流することを決めた最大のポイントは、安倍(晋三)政権を倒すということだ。そしてもう1つは、政権交代可能な2大政党制をもう一度つくる、そのための協力であるということは確認し、先ほど知事から話があったとおりだ。私からは代表である知事が、小池さんが、衆院選に出ていただきたいという話をさせていただいた。固辞はされた。しかし私の方からは、やはり衆院選は政権選択の選挙であり、また誰を首相に選ぶかという選挙なので、出ていただきたいけど、出られないのであれば、早急に話し合いをして(首相候補を)決めないといけないという点についても合意した」

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング