産経ニュース

【衆院選】〈茨城県情勢〉6区新人対決 国光文乃氏を安倍晋三首相が応援 青山大人氏は決起大会 野党共闘頓挫で共産先鋭化

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
〈茨城県情勢〉6区新人対決 国光文乃氏を安倍晋三首相が応援 青山大人氏は決起大会 野党共闘頓挫で共産先鋭化

安倍晋三首相(左)、石井啓一国土交通相(右)とともに聴衆に向かって両手を挙げる国光文乃氏=4日午後、茨城県つくば市吾妻 安倍晋三首相(左)、石井啓一国土交通相(右)とともに聴衆に向かって両手を挙げる国光文乃氏=4日午後、茨城県つくば市吾妻

 民進党や共産党などの野党共闘が実現しなかったことは、青山氏の支持者にとって誤算だったという。県議時代から青山氏を支援してきた土浦市の男性は「反自民で民進と共産、無党派層が結束すれば選挙に勝てたはずだ。反自民票が割れれば結果的に自民党に有利になってしまう」とみる。

 ただ、青山氏は「茨城では野党共闘はそんなに進んでいたとは思わない。これまで通り政策や地元出身だと訴えていくだけだ」と見通している。

 一方、共産党は、希望の党を「自民党の補完勢力」と位置付け、態度を先鋭化させている。

 「私は腹を固めた」「今日が事実上の第一声だ」

 週末のつくば市内。街宣車の上から古沢氏が声をからした。古沢氏は別の立候補予定者に代わって9月25日に急遽(きゅうきょ)、出馬が発表された。

 古沢氏は「個人的には青山氏と親しく、野党共闘が成立すれば自分が立候補をやめて民進の支援もあり得た。だが、安全保障や憲法観などで希望の党は自民党と同じだ。共産党は本気で戦う」と国光、青山両氏への対抗意識をむき出しにしている。

このニュースの写真

  • 〈茨城県情勢〉6区新人対決 国光文乃氏を安倍晋三首相が応援 青山大人氏は決起大会 野党共闘頓挫で共産先鋭化

「ニュース」のランキング