産経ニュース

【衆院選】“保守王国”群馬5区に希望独自候補の猪口幸子氏 無風区に風は吹く?

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
“保守王国”群馬5区に希望独自候補の猪口幸子氏 無風区に風は吹く?

 新党「希望の党」は、自民党の小渕優子氏が圧倒的支持を集める群馬5区に、独自候補の猪口幸子氏を擁立した。反自民票を集めるため、民進党県総支部は社民党の高橋宣之氏を推薦すると決めていたが、猪口氏の参戦により票が割れる情勢になってきた。無風区とみられていた「保守王国」に風を吹かせられるか?

 民進系では県内から宮崎岳志氏(1区)、石関貴史氏(2区)、不破弘樹氏(4区)が希望の党から、長谷川嘉一氏(3区)が枝野幸男氏が代表を務める「立憲民主党」からそれぞれ出馬することを決め、すでに分裂状態だ。

 そのため、県総支部は5日、常任幹事会を開き、比例区の対応や石関氏を除く3氏の支援体制、高橋氏への推薦の再確認に加え、猪口氏についても協議する。展開次第では猪口氏が“脅威”になる可能性もある。

 渦中の猪口氏は4日、産経新聞の取材に対し、5区を含め県内に「ゆかりはない」としながら、出馬理由を「政権選択選挙を実現するためだ」と語った。

 希望の党の第1次公認候補者の原案リストによると、猪口氏は本来、埼玉1区から出馬を予定していたが、「党の事情でいろいろあった」との理由で群馬5区に国替えしたという。

続きを読む

「ニュース」のランキング