産経ニュース

【衆院選】千葉5区 岡野純子氏、「希望」から出馬 村越祐民氏は断念

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
千葉5区 岡野純子氏、「希望」から出馬 村越祐民氏は断念

千葉5区から出馬を表明する岡野純子氏=3日、県政記者クラブ(塩塚保撮影) 千葉5区から出馬を表明する岡野純子氏=3日、県政記者クラブ(塩塚保撮影)

 元浦安市議の岡野純子氏(39)は3日、千葉市内の県政記者クラブで記者会見し、千葉5区から新党「希望の党」公認で出馬することを表明した。「女性が活躍できる社会実現を目指し、国政に挑戦する」と語った。

 岡野氏によると、9月19日、希望の党側から出馬を打診された。「小池百合子東京都知事の政治信条に共鳴。国政の場で子育て支援や教育、福祉などに取り組みたい」として立候補を決断した。選挙戦では党派を超えて地方議員らの支援を求め、駅頭などに立って知名度を高めていく方針だ。

 岡野氏は「浦安では市議としての活動を通じて支持者がいるが、市川では落下傘候補のような状態。多くの人と会って顔と名前を広めていきたい」と語った。

 岡野氏は浦安市議(民進党)を経て今年3月の浦安市長選に出馬したが、落選した。

 衆院選で千葉5区から出馬を予定していた民進党の元職、村越祐民氏(43)は3日、千葉市内の県政記者クラブで立候補を断念することを明らかにした。

 村越氏によると、2日夕、民進党関係者から「希望の党」の公認を得ることができなかったとの連絡を受けた。一晩考えて無所属で出馬することも検討したが、「自公を利することになる」と判断し、不出馬を決断した。今後は「国政復帰を視野に入れて政治活動を続ける」と語った。また、市川市長選(11月26日投開票)については「今のところ、全く何も考えていない」とした。

このニュースの写真

  • 千葉5区 岡野純子氏、「希望」から出馬 村越祐民氏は断念

「ニュース」のランキング