産経ニュース

【衆院選】「希望」公認…千葉の民進出馬予定者安堵 自民・枝野新党とさや当て

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
「希望」公認…千葉の民進出馬予定者安堵 自民・枝野新党とさや当て

希望の党からの公認を受け、記者会見に臨む元民進県連代表の田嶋要氏=3日、千葉市中央区(中辻健太郎撮影) 希望の党からの公認を受け、記者会見に臨む元民進県連代表の田嶋要氏=3日、千葉市中央区(中辻健太郎撮影)

 「政治はパフォーマンスでなく真剣勝負。有権者には、じっくり政策を考えてもらいたい」と希望を牽制するのは、7区の自民前職で農水相の斎藤健氏。同区は希望の1次公認に出馬予定者の名前はなかったものの、新人の落下傘候補が同党からの出馬を検討している。斎藤氏は同党を「昨日と今日で言っていることが違う政党。明日は何を言うつもりなのでしょうね」と強烈に皮肉った。

 希望が公認を立てた選挙区では、民進からの出馬を予定していた候補者が小池氏に反発し、立憲民主党からの出馬意向を固める動きも出ている。希望が元衆院議員の水野智彦氏の公認を決めた13区の新人、宮川伸氏の陣営は「小池氏のやり方にはついていけない」と、2日夜に枝野新党への合流を決意。「希望の方針を精査する中で、民進の出馬予定者全員を受け入れないなどといった当初とは違うやり方をとり疑問をもった。政治理念も違う」とし、「立憲民主党で頑張ります」と決意を新たにした。

 県内ではほかにも、元衆院議員の遠藤宣彦氏の希望公認が発表された6区の生方幸夫氏らが枝野新党入りを表明している。

「ニュース」のランキング