産経ニュース

【衆院選】〈山形県情勢〉民進の3人、「希望」公認で立候補

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
〈山形県情勢〉民進の3人、「希望」公認で立候補

 次期衆院選に民進党から公認、推薦で立候補する予定だった山形1区の荒井寛(44)、2区の近藤洋介(52)、3区の阿部寿一(58)の3氏は3日、新庄市で記者会見し、希望の党公認で立候補することを明らかにした。

 3氏は会見で、「安倍一強政治を打破するため、3人で山形の地から力を合わせて戦いたい」などと発言。また、希望の党が公認にあたって、憲法改正支持を求めていることに対し、「議論するのは大切。憲法9条は守り抜く」(近藤、阿部両氏)「時代の変化とともに変えなくては」(荒井氏)とした。

 一方、社民党県連は3日、山形市で開いた会議で、民進党県連と社民党県連、連合山形での政策協定を取り下げ、自主投票とすることを決めた。

「ニュース」のランキング