産経ニュース

【衆院選】〈栃木県情勢〉安倍晋三首相、街頭演説 野党の離合集散を批判 「誠実に愚直に政策を訴えていく」

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
〈栃木県情勢〉安倍晋三首相、街頭演説 野党の離合集散を批判 「誠実に愚直に政策を訴えていく」

衆院解散の意義について力説する安倍晋三首相=3日夕、栃木県さくら市のJR氏家駅西口(楠城泰介撮影) 衆院解散の意義について力説する安倍晋三首相=3日夕、栃木県さくら市のJR氏家駅西口(楠城泰介撮影)

 安倍晋三首相は3日、栃木県さくら市、鹿沼市で街頭に立ち、10日公示の衆院選に向けて、自公政権への支持を求めた。

 さくら市卯の里のJR氏家駅西口の街頭演説では大勢の聴衆を前に、「テレビをつけると、選挙のために党がひっつく、あるいはどこに行くという話ばかりで大変残念だ」と、民進党と希望の党との事実上の合流や新党が設立される野党の離合集散の動きを批判した。

 安倍首相は、緊迫する北朝鮮情勢下で国際社会と連携した圧力の必要性や教育無償化の拡充などについても力説。「私たちは、ただ批判するのではなくて、誠実に愚直に政策を訴えていきたい。新しいグループからは何も生まれない」とボルテージを上げた。

「ニュース」のランキング