産経ニュース

【衆院選】ところで「リベラル」どんな勢力?

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
ところで「リベラル」どんな勢力?

 新党「希望の党」から排除される可能性がある民進党リベラル系前衆院議員らの動向に注目が集まっている。そもそも日本政治でリベラルとはどんな勢力なのか。専門家に聞いた。

 戦後の日本政治は「55年体制」と呼ばれる自民党政権が続いた。国際医療福祉大の川上和久教授(政治心理学)は「その中でリベラルとは、自民の半分ほどの勢力を保った旧社会党に代表される護憲、反日米安保、反自衛隊の主張を指した」と指摘する。

 55年体制が終わり、平成6年に自民などとの連立で、旧社会党の村山富市氏を首相とする内閣が成立。村山氏は自衛隊を合憲とし、日米安保も肯定した。川上氏は「現実の政権運営を担うと、反安保などの主張は貫けない。中途半端なリベラルになり、支持者は分散した」と語る。

続きを読む

「ニュース」のランキング