産経ニュース

【WEB編集委員のつぶやき】希望の党に“選別”された候補者の顔ぶれが楽しみだ 「変節」野党や議員をしっかり胸に刻みたい

ニュース 政治

記事詳細

更新

【WEB編集委員のつぶやき】
希望の党に“選別”された候補者の顔ぶれが楽しみだ 「変節」野党や議員をしっかり胸に刻みたい

記者会見する前原誠司代表=28日午後、東京・永田町の民進党本部(酒巻俊介撮影) 記者会見する前原誠司代表=28日午後、東京・永田町の民進党本部(酒巻俊介撮影)

 いまの政治状況を見ていて、釈迦の垂らした糸に大勢が群がる芥川龍之介の「蜘蛛の糸」を思い出した。物語の結末のようにならないといいが。

 それにしても、前原誠司民進党代表(55)は大きな仕事をした。代表に就いたのが9月1日、10月を待たずに事実上「解党」してみせた。何度も書いたが、民進党は左から右までが混在する「寄り合い所帯」。それが国民に信頼されぬ要因で、解党しか道はなかった。

 衆院は28日、解散した。事実上、「10月10日公示、22日投開票」の選挙戦に突入している。

 野党第一党たる民進党は同日の両院議員総会で、前原代表が提案した新党「希望の党」(代表・小池百合子東京都知事、65)への合流を、あっさり満場一致で決めた。

 しかし、「合流」に際し、小池氏は民進党前議員から個別に申請を受け、安保法容認を公認条件にすると“踏み絵”を課した。

 当たり前である。

 「安保関連法反対」を声高に叫んできた民進党、そして所属議員諸氏。当選するために「覚えてない」とは言わせない。選別された諸氏の顔触れが実に楽しみだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 希望の党に“選別”された候補者の顔ぶれが楽しみだ 「変節」野党や議員をしっかり胸に刻みたい

関連トピックス

「ニュース」のランキング