産経ニュース

【衆院解散】「民進左派は排除する」小池百合子氏明言 維新は東京で擁立見送りへ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院解散】
「民進左派は排除する」小池百合子氏明言 維新は東京で擁立見送りへ

会見する希望の党代表の小池百合子東京都知事=29日午後、東京都庁(飯田英男撮影) 会見する希望の党代表の小池百合子東京都知事=29日午後、東京都庁(飯田英男撮影)

 希望の党代表の小池百合子東京都知事は29日の記者会見で、衆院選で同党に公認申請する民進党出身者のうち、リベラル派を「排除する」と明言した。小池氏は同日、民進党の前原誠司代表と会談し、候補者調整を本格化させた。安全保障関連法の容認と憲法改正などを条件に候補を選別する。30日には日本維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)と大阪市で会談し、候補者調整を進める。維新は東京の7選挙区での候補取り下げを打診する方針だ。

 小池氏は会見で「(リベラル派が)排除されないということはない。排除する」と断言し、「安全保障、憲法観といった根幹部分で一致していることが政党構成員としての必要最低限だ」と重ねて強調した。

 前原氏との会談では、候補者調整の窓口を民進党は玄葉光一郎元外相、希望の党は若狭勝前衆院議員とすることを確認した。若狭氏は29日のBSフジ番組で第1次公認に民進党の前衆院議員を含めないと述べた。民進党の公認申請は100人超とも明らかにした。

 前原氏は記者団に、公認を望む民進党出身者全員が受け入れられるよう努力する考えを示した。小池氏は「全員を受け入れる考えはさらさらない」と語った。

 小池、松井両氏の会談では憲法改正や消費税率引き上げの凍結などの共通政策を結ぶ。松井氏は東京で候補を取り下げる代わりに、大阪で希望の党に候補者を擁立しないよう要請する見通しだ。会談には愛知県の大村秀章知事も加わる。

「ニュース」のランキング